リフォームのコツ – バリアフリー工事・高齢者向けリフォーム

年齢を重ねると、ちょっとした段差でつまずきやすくなったり、階段で滑ったりと、家の中でも事故が増えています。

バリアフリーの基本は、床の段差をなくすこと。
和室は通常、一段高くなりますが、和室の床を落とし込むことで、洋室と高さを揃えることが出来ます。
マンションでは、薄い畳で段差を抑える方法もあります。
次に、廊下や階段は勿論、浴室、トイレにも手すりが必要になります。
また、浴室も事故が多く、浴槽をまたぎやすい高さに抑えることも大切です。

elder

寒い時期には、ヒートショックの予防に、浴室暖房機や更衣室にも、パネルヒーターがあるといいですね。

将来介護が必要になった時に、浴室やトイレは出来るだけスペースを広く、出入り口は、車イスに対応出来るよう、また、トイレを寝室の近くに移動出来れば…

そんな時、是非ご用命いただければ幸いです。