足立区は江戸時代から野菜作りが盛んな地域です。特に小松菜は全国屈指の生産量を誇ります。足立区では地元活性化の目的で、足立新ご当地グルメ創造プロジェクトを始めました。その一貫のひとつがあだち菜うどんです。新鮮な小松菜を20パーセントの高配合で練り込むことに成功しました。緑色が目に鮮やかな、しこしこの歯ごたえの美味しいうどんです。

うどん天下一決定戦において初出場で8位入賞をしました。今では区内の多くの店で食べられます。

一部の学校では「小松菜給食の日」というイベントを設けるほど地元の方には馴染みがある小松菜になります。小松菜を使ったレシピを広げて野菜嫌いをなくし、食育しています。

あだち菜うどん学会