足立区の伝統工芸品

平安時代の寺院には、浴堂と呼ばれる風呂場がありました。勿論、入浴時に肌を見せるのは禁物でしたから、単衣を身に付けて入浴していました。単衣の素材には白い正絹が使われていたようですが、時の流れと共に柄付きの素材も使用され始め「湯具」「湯巻」などと呼ばれていました。幕末になると湯上がりに着られるのが普通になってきました。明治時代になり、浴衣は夏の普段着の地位を確立したようです。現在は花火大会やお祭りなどで、浴衣を楽しむ老若男女の姿を数多く見かけます。

主な製造地:江戸川区、足立区、葛飾区ほか

http://www.asahisenko.jp/