家の防水機能が低下することによって引き起こされる現象

塗装したばかりの外壁というのは防水機能についても完備されているものになりますが、時間の経過によって防水機能は低下することになります。そして低下することによって、どのような現象が引き起こされてしまうのかということについて、こちらで紹介していきます。

防水機能が徐々に劣化する際のステップについて

防水機能の低下というのは、ある日突然に引き起こされてしまうというものではなく、月日を追うごとに徐々に劣化するものになっています。

一般的に、流れとしては下記の通りになります。

1. 外壁や屋根の塗装がピカピカな状態で、雨が降っても水が浸入することはない
2. 塗装の艶がなくなり、防水効果が低下する
3. 塗装の防水効果が無くなり、壁に湿気が発生するようになる
4. 壁や屋根が歪み、小さなヒビが発生する
5. ヒビが徐々に大きくなり、水が浸入することになる
6. 塗装の内側にある防水材や建材にまで雨が到達する
7. 家の土台や基礎部分まで劣化してしまう

このような流れになっていて、外壁塗装の工事や、塗装に使われている塗料の種類などによっても異なりますが、塗装の防水機能が低下するのは、おおよそ塗装が完了してから10年程度だとされています。そして、そのまま放置してしまうことによって、防水材や建材にまで雨が到達するようになると、雨漏りを引き起こすことになります。さらに放置すると家の土台部分にまで浸食することになりますので、最悪の場合は家を建て替えなければならない状況になってしまうこともあります。

どの時点で補修をしなければならないのか?

上記のように、家の防水機能が低下するというのはステップを踏んで浸食するということになります。

どの時点で補修をすることによって最悪のケースを防ぐことが出来るのかというと、塗装の艶が無くなった時点か、壁に湿気を感じるようになった頃ということになっていて、ここで外壁塗装をすることによって、家の防水機能が復活することになります。

一般的には、10年ぐらいのサイクルで外壁塗装をすることによって、長期間に渡って、その家に住み続けることが出来るようになりますが、怠ってしまうことによって、老朽化が進行してしまうことになりますので、十分に注意するようにして下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか?

家というのは、長期間に渡って住み続けることによって、必ず老朽化することになりますが、どのようなペースで老朽化するのかということについては、住んでいる人の心掛け次第となっています。

長く住み続けるためには、メンテナンスをしなければならないということですが、どのような状況ですれば良いのかということが分からないと、対応の仕方が分かりませんので、分からないことがあれば、専門の業者に相談をしてみると解決策を導き出すことが出来ます。