塗装工事では、下処理をキチンとしてくれる業者を選ぼう

塗装工事というのは、外壁に対して単純に塗料を塗れば良いというものではなく、様々な下処理をしなければいけない工事です。

しかし、悪徳業者の中には下処理をキチンとしない状態で、見た目だけ綺麗に仕上げるというような業者も多くなっていますので、素人目には判断することが出来ませんが、見積書の中に下処理の項目が記載されているのかどうか、ということが判断する要素の一つとなっています。

こちらでは、塗装工事の際にチェックしなければならない項目について紹介していきます。

 

見積書の中に、下地処理の項目が記載されているかどうか

塗装工事をする際には、外壁や屋根に対して下地処理をしなければいけません。

下地処理というのは、長年に渡って積み重なった外壁のサビや汚れ、塗膜やカビなどを除去する工程となっていますが、下地処理をキチンとしないと、その上から塗料を塗った時にムラが出来てしまったり、綺麗に塗ることが出来なかったりといった不具合が発生します。

そのような不具合が発生してしまうと、結果的に外壁や屋根の耐久性を下げるということに繋がってしまうために、塗装工事を業者に依頼する意味が無くなってしまいます。

そのため、実際の作業については見ても分からないという人が多いかもしれませんが、見積書や作業工程書の中に下地処理の項目があるかどうかということをチェックすることが大切です。

項目があるのにも関わらず業者が工程を行わなかった場合は業者が悪いということになりますが、項目がない場合は業者に下地処理を行う義務がありませんので、項目がキチンと記載されているのかチェックすることが重要です。

 

外壁以外の部分に関してもキチンと処理をしてくれるのか?

外壁工事と聞くと、外壁や屋根などの壁の部分だけを意識してしまう人も多いかもしれませんが、外壁塗装を業者に依頼した場合には、細々とした部分にまでキチンと処理をしてくれるのかということをチェックしなければいけません。

例えば、外壁と外壁の隙間にあるコーキングに関しては、古くなってしまうことによって外壁の強度を下げることに繋がるために、一般的には外壁塗装の工事をした時に交換することになります。

また、屋根塗装を依頼する場合には、屋根からはみ出している部分の裏側の「軒天井」の部分まで処理してくれるのかということなど、外壁以外にもチェックしなければならないポイントがあります。

そのため、その辺りの工事に関してもキチンと対応してくれる業者を選ぶことが、失敗しない外壁塗装の工事をするために必要なことになっていますので、外壁塗装の工事を業者に依頼する際には気をつけるようにして下さい。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

下処理を疎かにしてしまうと後々にまで大きな影響を与えてしまうということに繋がるために、キチンとした施工をしてくれる業者を選ぶことが大切です。

これらの作業に関しては見積書の中に明記されていない業者も多くなっていますので、その場合には、どのような工程で作業をしてくれるのかということを担当者に問い合わせて、その旨を見積書や契約書に明記してもらうようにして下さい。