塗装や防水を怠ったことによるペナルティの金額とは

住居に塗装や防水対策をするというのは、思っていた以上に出費が嵩むために、怠ってしまう人も多いです。

特に住居の場合は、外壁が目に見えて老朽化している状態でも実害があるまで放置するような人も多くなっていますが、実害が出てしまうと予想外の出費になってしまうために、今回は塗装や防水対策を怠ってしまうことによるペナルティとして、どれくらいの金額が必要になるのかということについて詳しく紹介していきます。

 

状況別の工事に掛かる費用について

塗装や防水の対策を怠ってしまうと、状況によっても異なりますが数十万円~数百万円以上の出費になってしまうこともあります。

そこでこちらでは、どのような状況になってしまった場合に、どれくらいの出費が発生するのかということについて詳しく紹介していきます。

まずは一般的に想定される状況と、その工事に掛かる費用については下記の通りになります。

・ 雨漏りの修繕(100万円~200万円程度)
・ 屋根の葺き替え工事(50万円~150万円程度)
・ 屋根もしくは外壁の断熱材の補修工事(60万円~200万円程度)
・ 住居の基礎の補修工事(50万円程度)
・ シロアリの駆除(10万円~50万円程度)
・ 住居の解体工事(150万円~300万円程度)
・ 住居の新築工事(1,500万円以上)

このようになっていて、塗装や防水対策を怠ることによって、どこまで浸食されているのかということでも費用が異なります。

例えば、雨漏りの修繕と断熱材の補修、住居の基礎工事が重なってしまった場合には、210万円~450万円の費用が必要ということになります。

これは、対策を怠ったことによるペナルティということになりますので、キチンと対策をしておけば、これの数分の1の費用で済むということです。

そのため、対策を怠らずに、キチンとチェックをするようにして下さい。

 

塗装や防水対策に掛かる費用について

上記で紹介したように、塗装や防水対策を怠ることによって住居が浸食されてしまうと予想外の出費に悩まされるということになりますが、定期的に外壁や屋根の塗装をして、防水対策を徹底することによって防ぐことは可能です。

そして、塗装や防水対策に掛かる費用についてですが、そちらについては、使用する塗料や依頼する業者によっても大きく異なりますが、10年に1度程度の頻度で、1回あたりの費用は50万円~100万円程度になっています。

この金額を高いと感じるか安いと感じるかというのは、人それぞれになっていますが、後々に余計な出費が発生する可能性を考えるのなら、安い買い物だと思われます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

一昔前に、外壁塗装やリフォームに関係する詐欺や悪徳業者のニュースが多かったということもあり、塗装や防水対策については怪訝な目で見ていた人も多いかもしれませんが、正しい対策をしなければ余計な出費が嵩むということになります。

そのため、正しい対策をすることが、住居を長持ちさせる秘訣となっていますので、塗装や防水対策に掛かる費用をケチるのはオススメできません。