リフォームのコツ – 屋根防水の種類と特徴

屋根の防水工事の目的は雪や雨、紫外線などからの劣化を防ぎ長期間保護するための工事です。
この防水工事には様々な種類と特徴があるので、長持ちする工法を検討していきましょう。

防水工事のタイミングとしては、耐久性能から考えると10年~15年です。
工法によっては20年近く長持ちするものもあります。
改修時期の判断は一般の方では非常に難しいところではありますが、時期的な目安以外に変色や防水層の亀裂などがあれば早急なメンテナンスが必要になってくるのではないでしょうか。
屋根の防水種類は構造形状などによって判断することが大切なので、現地を確認するのが一番適切と言えます。

一言で防水工事といっても豊富にあるので、ここで種類別に分けてご紹介します。
■アスファルト防水
バーナーによる熱で防水シートと下地を密着させます。
流し貼りを何度も行うことで層を作り、高い耐久性と防水性を生み出します。

・ウレタン防水
最も主流な工事であり、近年ではウレタン防水の重要も増加しています。
特徴としては軽量で建物に負担をかけずに防水工事ができます。
ウレタン塗膜は液体なので、複雑に入り組んだ場所でも簡単に作業できるので継ぎ目もなく見た目もキレイに仕上がります。
定期的にトップコートをするだけで、紫外線や劣化から長期的に保護することができます。

・ゴムシート防水
屋上防水ではよく使われる工法です。
コストを抑えることができ、施工性を良くするため接着剤でゴムシートを下地に固定します。
ゴムシートの端末部分の施工に注意が必要です。

・塩ビシート防水
美しい仕上がりで、ゴムシートに比べると耐久性にも優れています。
色落ちにも強く、長期にわたって鮮やかな色彩を維持できるでしょう。
防水シートのジョイント部分は薬品や熱でつなぐので耐久性の心配もありません。

・FRP防水
他の樹脂に比べて耐酸性が強く、防水層を劣化させる原因である雨や紫外線から保護する力も優秀です。
塗料が硬化する時間が早いため、短い工期で施工できるのも魅力の一つと言えるでしょう。

・超速硬化ウレタン防水
ウレタン防水を機械化して、品質や施工性などの機能性をアップさせた次世代の防水工事です。
シンナー等の薬剤が含まれていないため、臭いの原因もなく環境にも優しい工法です。
このように屋根防水にも様々な種類があります。
それぞれの特徴を参考にお客様の構造に合った工法でメンテナンスすることをおすすめします。

アズホームでは雨漏れなどでお悩みのお客様に依頼された箇所を入念にチェックさせてもらい、予算も抑えた上でご提案させていただきますので遠慮なくお申しつけください。
東京都内(特に足立区・荒川区)から埼玉県、千葉県まで広域にわたるリフォームのご相談は、アズホームにおまかせください。