リフォームのコツ – 屋根葺き替え工事のメリット・デメリット

屋根は家を守る重要なパーツですが、一番日光による紫外線や雨風に当たりやすいため劣化しやすい部分でもあります。
そのため、長く住み続けるためには定期的に屋根のメンテナンスが必要となってくるのです。
今回はそんな屋根の葺き替え工事を行った場合に考えられるメリット・デメリットについてご紹介します。

■屋根の葺き替え工事とは

そもそも屋根の葺き替え工事とはどんなことを行うのかご存知でしょうか?
屋根の葺き替え工事とは、瓦やスレートなど、今まで使用していた屋根材を全て新しい屋根材に取り替える工事を指します。
一部分の傷んでいる箇所だけを直す場合は葺き直しと言います。
工事の流れとしては、まず屋根材を全て撤去し、屋根の下にある下地部分をチェックして補修が必要かどうかを調べます。
下地の補修を済ませたら、下地の補強を行い、その後新しい屋根材を取り付けることで工事完了となります。
■屋根の葺き替え工事で得られるメリット

葺き替え工事を行うことで得られるメリットは、まず何といっても雨漏り対策ができるということです。
近年都市部を中心に増加しているゲリラ豪雨などが発生した場合、古い屋根だと突然雨漏りが発生してしまう恐れがあります。
一時的にでも雨漏りをしてしまうということは、元々侵食しやすくなっていて、老朽化が進んでいる証拠です。
雨漏りになると屋根だけではなく建物全体へのダメージも大きくなってしまうため、早めの対策が必要となります。
葺き替え工事は屋根を取り替えることで雨漏りを防ぎつつ、建物全体のダメージも軽減してくれるのです。

次に考えられるメリットは、地震対策です。
屋根の葺き替え工事で地震対策?と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、今まで重い屋根材を使用していたものを軽い屋根材に変えることで耐震性を向上させることができるのです。
屋根材に重い素材を利用していると地震の際にバランスが崩れやすくなってしまいます。
そのため、葺き替え工事によって軽量で丈夫な素材に取り替えることで地震対策につながっています。
■一方でデメリットも…

屋根の葺き替え工事は、屋根全体を取り替えるため費用がかかってしまいます。
また、高い屋根材を選択するとその分費用も高くなってしまうのです。
ただ、ランニングコストを考えた時に葺き替え工事をした方が安くなる場合もあります。
葺き替えが必要かどうかはプロの業者に診断してもらい、もしも直ちに葺き替えが必要であれば行い、補修で済むようなら補修工事を行うようにしましょう。
■屋根に関するお悩みはアズホームへ

アズホームでは東京都内の足立区・荒川区を中心に、屋根塗装から補修、葺き替え工事まで行っています。
戸建てからマンションまで、様々な屋根のメンテナンスはアズホームにおまかせください。