リフォームのコツ – 屋根葺き替えにかかる費用はどのくらい?

住んでいた家が老朽化して雨漏れが気になる…。
このまま劣化をし続けたら何かあった時に心配だ…と考えている方は多いでしょう。
自分でメンテナンスをする事が難しい屋根は、業者さんに頼んでリフォームをする必要があります。
ですが、費用が高いのでないかと不安に思ってしまう事も…。

そこで今回は、屋根の吹き替え工事に掛かる費用を紹介いたします。

まず、葺き替え工事とは今現在住んでいる家の屋根の材料を下地から全て剥がし、取り換える工事の事です。
下地から全て変える事が出来るので、どんな屋根材でも使用する事が出来ます。
アズホームでは、遮音、遮熱、防火性能があり軽さと耐久性に優れているガルバニウム屋根や瓦屋根の半分の重さで温度の変化を受けにくいカラーベスト屋根などをオススメしています。

そして肝心の費用ですが、屋根の材料や家の大きさにもよりますが都心の相場では大体100万円から120万円前後と言われています。
なぜこの位の金額が掛かってしまうのかというと…以下の工事が行われるからなのです。

①既存屋根の撤去作業
まずは、現在暮らしている家の屋根の材料を全て剥がす必要があります。
職人が手作業で行います。

②屋根の処理
剥がし終わったら、屋根材を処理しなければいけません。
この作業にも費用が発生します。

③補修
屋根材を剥がし、下地が傷ついていたりした場合には補修が必要です。
隅々まで確認し、補修を致します。

④防水シート装着
雨や雪から家を守ってくれる防水シートを下地の上に貼っていきます。
これがないと、雨が降ったら雨漏れだらけになってしまいます。

⑤新しい屋根の設置
お客様が選んだ新しい屋根材を設置していきます。
屋根材によって価格は変動します。

⑥その他
新しい屋根材を設置した後は、棟や雨どいなども取り付けていきます。
雪が降る地域であれば、雪止めなども必要となってくるでしょう。

⑦その他2
諸経費なども掛かります。
運搬費や交通費なども含まれる事があります。
以上のように、屋根の葺き替え工事には様々な費用が掛かります。
ですが、新しい屋根にする事で安心感も増しますし、突然の自然災害にも丈夫な屋根となり安全です。

アズホームでは、信頼される見積もりをお約束しています。
屋根材の材料費や職人の工賃まで、お客様が納得のいく金額をご提示致します。
見積もりに関しては無料で行っていますので、電話の他に公式サイトやメールでも受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。