リフォームのコツ – 外壁劣化の特徴と自己診断のポイント

外壁塗装が劣化していると、そこから思わぬトラブルに発展してしまう可能性も高いです。
そのようなことにならないためにも、外壁劣化の特徴を知り、外壁を見て自己診断してみましょう。
■外壁劣化の特徴

外壁劣化と一言で言っても、一体どのようなものが外壁劣化になるのか分からないという方も多いのではないでしょうか。
単純にヒビ割れだけが外壁劣化ではありません。

・ツヤ引けや汚れ、変退色
新築だった頃の外壁にあったツヤがなくなっていたり、ゴミや雨だれの跡などが付いてしまっていて黒ずんでいる、太陽光によく当たるところが色あせてきているなど、このような場合家に大きな影響が出るほど外壁が傷んでいるというわけではありませんが、見た目は悪くなってきています。

・チョーキング
チョーキングとは、手で外壁を触った時に白い粉が付いてしまうことで、これは塗料に含まれる顔料が劣化してしまっていることで粉が付いてしまいます。
チョーキングが出てしまうと塗装による機能が失われている状態となっているため、なるべく早めに外壁塗装の塗替えを行う必要があります。

・塗装面の剥がれ
下地ではなく塗装面に剥がれが見られるという場合、家の温度が変化することで起こる伸縮に耐えきれなくなってしまい起こってしまいます。
塗装面が剥がれてしまうと、そこから雨水の侵入を許してしまうことになるため、下地が腐敗したり雨漏りしないためにも早めの塗替えが必要です。

・ひび割れ
塗装面ではなく下地にひび割れが起きていると、既に雨水が侵入して下地が腐敗、もしくは雨漏りしている可能性があります。
すぐに外壁のメンテナンスを行うようにしましょう。
■見た目で分かりやすい外壁劣化、まずは自己診断を!

上記で挙げたように外壁劣化は見た目で判断しやすく、自己診断も行いやすいです。
そのため、定期的に外壁をチェックすることで、塗替えが必要かどうかを判断していきましょう。
自己診断をする時は、チョーキングを確認するために見るだけではなく触ってみることも大切です。
自己診断後は、プロの業者に診断してもらうことも重要なポイントと言えるでしょう。
プロの診断で外壁劣化していても塗替えは不要という場合もありますし、思ったよりも症状が深刻になっている場合もあります。

アズホームではプロの確かな目で外壁劣化を見極め、安心の塗替え作業を行っています。
東京都内の足立区・荒川区などで外壁塗装をお考えの方は、ぜひアズホームへご相談ください。