リフォームのコツ – 外壁・屋根の塗替え時期はいつ?

家を建ててから、外壁や屋根の塗装が剥がれてしまい塗装が必要になってくる時期があります。
しかし、塗替えはどういった時期に行えば良いか分からない方も多いでしょう。
そこで今回は、外壁や屋根の塗替え時期はいつくらいになるのか、ご紹介していきます。
こちらを参考に、ぜひ自宅の外壁や屋根を確認してみましょう。


■塗料によって塗替え時期の目安は異なる!

外壁や屋根に使われている塗料は、様々な種類がありそれぞれ耐久性も異なってきます。
例えば、塗料の中でも一番価格が安く、不燃材のサイディング外壁やモルタル外壁に使用されているアクリル塗料の耐用年数は5~8年、木星外壁や金属サイディング外壁など、幅広く使用されているウレタン塗料の耐用年数は8~10年、水や汚れに強いシリコン塗料の耐用年数は10~13年、そして塗料の中でも最も価格が高いフッ素塗料は15~20年と言われています。
他にも機能性の高い遮熱・断熱塗料は15~20年の耐用年数の目安が出ています。
そのため、使用している塗料の耐用年数が近付いてきたら外壁や屋根の塗装をチェックすると良いでしょう。
もしくは、耐用年数関係なく、10年ごとにチェックすることで早めに対策でき、塗替えにかかる費用を抑えることができます。
■リフォーム時に外壁・屋根もチェックしてみましょう

リフォームを考えた時、どうしても内装のことばかり考えてしまいますが、外壁や屋根も一緒にチェックして必要であれば塗替えを行うべきです。
なぜなら、外に出ている外壁や屋根は常に紫外線や雨風に晒されている状態で、傷つきやすくなっているためです。
外壁・屋根の塗装が剥がれてしまうと、そこから雨などが侵入し、下地が腐ってしまったり、雨漏りの原因にもつながってしまうのです。
ですから、家を守るためにも外壁や屋根の塗替えは必要となります。
■塗装工事・リフォームならアズホームにお任せください!

東京都内、足立区や荒川区を中心にアズホームでは外装工事・内装工事を含めたリフォームを行っています。
耐久性・対応年数も長く、さらに透湿性にも優れ、結露から家を守ってくれる外壁塗装から、省エネにつながる遮熱塗料を用いた屋根塗装など、様々な塗料を用いて、快適に過ごせるリフォーム提案をいたします。
ぜひ家を建ててからしばらく外壁・屋根の塗替えを行っていない、外壁のヒビや色落ち、雨漏りなどがするようになってきたといった場合はすぐにアズホームまでお気軽にご相談ください。