リフォームにオススメ!「サイディングボード」とは

住宅の外壁にサイディングボードを使用している家庭は多いと思います。
施行時間も短く、価格も比較的安いので近年人気となっているのでしょう。
そして実はサイディングには種類があります。
その種類によっての特徴などを紹介していきます。

 


■窯業系サイディング

1番主流のサイディングボードです。
原料はセメントや繊維質の原料を用いています。
価格が安価となっており、デザインやカラーが豊富で、様々な家のデザインと合うので人気となっています。
ボードの継ぎ目にはシーリングが使われます。
ボードよりも劣化が早いので、メンテナンスを忘れずに行いましょう。
7~13年くらい経つとボードに反りが現れるので、メンテナンスを考えていきましょう。
■樹脂系サイディング

原料に塩化ビニル樹脂が使われています。
耐久性に優れている為、長年使っていても劣化の気がかりがない所がメリット。
デザインが少ない事から日本ではあまり使われていませんが、北米では人気となっています。
シーリングを使わないので、メンテナンスが不要となっている事も魅力です。
■金属系サイディング

アルミニウムなどの金属を加工して作られたボードです。
軽く、断熱性や防火性にも優れているので安全面でも心配いりません。
デザインにも種類があるのでオススメですが、年に1度水洗いをする事で美しさを保つ事が出来ます。
10~15年でメンテナンスが必要になってくるでしょう。
■木質系サイディング

天然木を使っているので、見た目も美しく日本の家にもよく合います。
断熱性には優れていますが、防火指定のある地域には使用する事が出来ません。
木なので亀裂する可能性もあります。
10年前後の早めのメンテナンスが肝心です。

以上のように数多くのサイディングボードが存在します。
メンテナンスに関しては、環境によっても違いが出るので注意してください。
■サイディングのリフォームについて

サイディングボードのリフォームは、張り替えと重ね貼りと塗装があります。
リフォームの際に今現在の外壁に異常があまり無いのであれば、重ね貼りをする事で、費用を抑える事が出来ます。
反りがある場合にはオススメ出来ません。
また、サイディングボードの上から塗装をする方法もあります。
クリア塗装を使う事で、現在のサイディングのデザインが生かされ、価格も抑える事が可能です。
どの種類のリフォームが自分の家に合っているのかは、アズホームまでお気軽にご相談下さい。