ベランダ・バルコニーの防水メンテナンスは大切!

ベランダやバルコニーの防水工事は、外壁塗装などと違って劇的に変化するものではないので、行おうか迷う人も多いのではないでしょうか?
しかし、防水のメンテナンスを怠ってしまうと後々膨大な費用がかかってしまったり、ゆっくりと侵食していき建物全体にまで影響を及ぼすこともあります。
例えば防水層に一度水が入ってしまうと、残念ながら乾くことは二度とありません。
濡れたままの状態が続き、そこからジワジワと大切な建物自体にまで腐食が進んでしまうのです。
そして気づいた時にはベランダやバルコニーだけでなく他の部分の修繕も必要になってくることもあります。

■防水工事のタイミングはいつ?

膨大な修繕費用を避けるために、防水メンテナンスの時期をお教えしましょう。
まずは、防水層の劣化状態をチェックすることから始まります。
・雨漏れしている
これは緊急の状態なのですぐにでも工事に取りかかった方がよいでしょう。
建物をすでに傷めてしまっているので早めの対応が一番です。

・雑草が生えてくる
防水層まで根っこが伸びてきている可能性が高い状態です。
必要にない雑草が生えてきて気になると思いますが、むやみに抜かないようにしてください。
防水層を破損する危険性があるためです。

・目地が割れる・破損している
コンクリートのひび割れを防ぐために目地があります。
この目地が割れてきていることですぐに何か起こるというわけではありませんが、押さえ層と防水層の間に水や空気が入り込んでしまう状態になっているので劣化するのも早いでしょう。

・抑えコンクリートが割れている
亀裂部分から水が侵入してしまう状態です。
これは建物の寿命まで縮めてしまうため早めの対応が必要です。

・防水層が膨らんでいる
膨らむ原因は防水層に水が入ってしまっているからです。
水漏れの危険性もあるので防水層が破裂する前に対処した方がよいでしょう。
以上にように今すぐに対応する必要がないケースもありますが、限界に達してしまうと改修費がかさむだけです。
補修だけで済む可能性もあるので、まずは専門業者に点検してもらいましょう。
アズホームでは防水メンテナンスや手すり工事など、ベランダやバルコニーに関するお悩みを解消できるよう、様々な工事を手がけています。
お客様のご予算に合わせて短い工期で防水工事を提供いたします。
見積もりに関しては無料で承っていますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。
電話・ホームページからのメールでも受け付けております。