【機能性とデザインが豊かな外壁材・サイディングとは】

 

サイディングは多くの建物に使われていますが、名前に馴染みがない方も少なくありません。機能性、デザイン性に富み住宅建築で活躍しているサイディングとは、一体どんなものなのかご紹介します。

■サイディングってどんなもの?

サイディングとは、簡単にいうと外壁材のことです。サイディングボードという板状の外壁材で、セメントと繊維などを混ぜ合わせて固めたものです。一枚一枚壁のサイズに合わせてはり合わせていき、目地をシーリング材で接着していきます。サイディングには窯業系・樹脂系・木質系・金属系の4種類があります。約7割が窯業系サイディングだといわれています。

 

サイディングは比較的新しい外壁材です。これまで住宅の外壁材として主に使われていたのは、モルタルでした。モルタルもセメントを主要素材にした外壁材で、色粉を混ぜてカラーモルタルにすることもできるため、長い間外壁材としてよく使われていました。しかし、モルタル塗りは職人が手作業で行うので、手間と職人の技術が必要になります。この点、サイディングは最初から製品化されたボードを張り合わせていくだけですから、熟練技がなくても貼ることができます。

 

■サイディングの特徴・メリット

◎施工しやすい

サイディングは短期間で施工が可能で、耐久性もあるのでモルタルに代わって多くの建築物に使われるようになりました。特に、樹脂系や金属系のサイディングは軽いので施工がとても楽です。

 

◎機能性が高い

サイディングは汚れが落ちやすく、雨で汚れを洗い流せるため、メンテナンスが非常に楽です。強度があって長持ちし、熱さ寒さの耐候性にも優れています。カラーサイディングは、塗装をしているのではなく、サイディングそのものに着色しているので、塗装だけがはがれて塗り直し、ということがありません。

 

◎デザインが豊富
最近多い洋風の住宅デザインに合わせて、サイディングの色柄もとても豊富です。屋根との組み合わせで、実にさまざまな雰囲気の家を造ることができます。レンガ壁や石造り調、しっくいのような塗り壁など、それぞれの家の個性を出すことができます。

 

■サイディング張り替えの目安

サイディングも経年劣化します。一般的にサイディングの寿命は7年程度といわれています。これを目安に、劣化がないかどうか点検するとよいでしょう。

 

サイディングが劣化すると、次のような現象が起こります。

・シーリングボードが反り返る、はがれる

・シーリングボードにヒビや亀裂が入る

・チョーキング現象が起こる
チョーキングとは、外壁材を手でこすったときに、手にチョークのような白い粉がつく状態をいいます。チョーキングは、素材の色素が粉になって出てくる現象で、防水機能が経年劣化しているサインです。これが見られたら、張り替えのタイミングと考えてよいでしょう。

 

また、サイディングそのものが劣化するだけでなく、個々のサイディングボードをつないでいるシーリングが劣化する場合もあります。小さな部分ですがシーリングはとても重要で、ここが劣化して亀裂やヒビが入ると、雨水が壁の内部にしみ込んで壁そのものを劣化させてしまいます。

(まとめ)

サイディングは、機能性がありデザインも豊富な優れた外壁材です。ただし、寿命がありますから、定期的に点検してメンテナンスを怠らないようにしたいものです。