【リフォームの声】4畳半の洋間とつなげてリビングにしました

私が以前住んでいたマンションは、古かったので間取りも「リビング」と言うものがありませんでした。3DKだったのですが、4畳半の和室と洋間、6畳の洋間、そして何畳かはよくわかりませんが、5畳ほどのキッチンでした。

そのマンションに住んだのは、夫と結婚して数年経った頃で、まだ子供もいなかったので、玄関入ってすぐの4畳半の洋間をぶち抜いて、キッチンとつなげて、何とかリビングらしい広さを取りました。それまでは、小さなテレビにも拘らず、画面が近過ぎて見辛かったくらいだったのです。

今なら、マンションでも12畳や16畳のLDKを取っていますが、あの頃は2人だったので、8畳あればリビングとして十分でした。

私達の部屋は、角部屋だったので、工事前にはお隣のおうちと階下のおうちに挨拶に行きました。大工さんも付いてきて、一緒に挨拶をしてくれました。住みながらのリフォームでしたが、奥の部屋は使えましたし、水回りはいじらなかったので、大工さんへのお茶出しも出来、お昼も大工さん達が食べに行っている間にこちらも済ますことが出来ました。

マンションらしい間取りとなり、テレビも間隔を置いて見られるようになり、壁紙なども新しくなって、新築マンションの様な仕上がりにとても満足しています。