【リフォームの声】集中してバリアフリーにした

義母と同居することになり、それに伴ってリフォームすることにしました。

義母は足が悪く、杖や手すりなどの支えを必要とします。ですからリフォームするにあたって一番に考えたことは、義母が移動する場所には必ず手すりをつけるということでした。また、小さな段差をできるだけ少なくするということも考えました。

最もリフォームに力を入れたのは、トイレと浴室です。トイレの扉は引き戸にしました。開き戸だと転倒しやすくなるためです。引き戸を引くと直ぐに掴まる棒があり、片手で掴まりながら扉を引けます。 浴室も引き戸にしました。手すりは湯船と体を洗う場所に2ヶ所設置しました。また、床が濡れると滑りやすいため床材も変えました。これはやってみて本当に正解だと感じています。私でも体感できるくらい、滑りにくくなっています。

義母も安心して入れると喜んでいました。湯船は深いものから浅いものにしました。その隣に手すりをつけることで、湯船での転倒を防ぐことができています。義母の部屋から廊下、リビングへ行く通路にも長い掴まり棒をつけました。あまり人の手を借りたくないというのが義母の気持ちで、この掴まり棒はそんな義母の願いを叶えてくれています。

リフォームの際に気をつけたことは、何もかもバリアフリーにしないことです。便利だと思ってしたことが、逆に不便だったり思わぬ怪我に繋がるからです。