【リフォームの声】転倒防止のためのバリアフリー

祖父母が高齢になり、足腰に不安が出てきたので、バリアフリーを考えるようになりました。これまでは玄関に段差があり、ちょっとした段差でつまずかないか心配でした。お風呂やトイレは捕まるところがなく、転倒しないか祖父母はいつも気を配っていたようです。 そこで、玄関、お風呂、トイレに手すりを設置しました。

玄関の段差をなくそうかと思ったのですが、工事をすることは難しいとわかり、手すりで対処をしました。手すりをつけることで手すりに寄りかかりながら玄関の段差を乗り越えることができます。また、万が一段差に足をかけてしまった場合でも、手すりをしっかりとつかんでいれば転倒する恐れがありません。

玄関には腰かけも設置しました。これまでは低い段差に腰をかけて靴の脱ぎ履きをしていたため、立ち上がるときに苦労をしていたようです。腰かけを設置したことで、座って靴の脱ぎ履きをする動作が楽になり、立ち上がるときも以前よりは楽に立ち上がれるようになったようです。

お風呂やトイレの手すりは、設置場所に気を配りました。 お風呂での手すりの設置場所は、シャワーを使っう際に立つ・座る動作をする場所の付近、浴槽から立ち上がれる場所です。トイレの手すりの設置場所は便器の横で、どんな姿勢でも手すりにつかまりやすいようにL字にしています。 手すりは設置場所に気をつけることで便利な存在になってくれます。