【リフォームの声】転倒防止で自由に移動できる

現在は結婚して実家を出て旦那と一緒に暮らしていますが、わたしが実家に住んでいた頃に父方の祖父が交通事故にあってしまったことによって車椅子生活になりました。わたしの実家は車椅子の人が生活するには大変すぎるくらいの間取りで、狭い廊下や玄関に入るまでの階段、そしてむだに段差の多い家でした。

最初は力のあるわたしの兄が祖父を抱えて階段を昇り降りしたり、わたしや母が祖父の移動の介助をしたりしていたのですがさすがに限界を感じでバリアフリーにリフォームすることに決めました。最初は家全体をリフォームというはなしも出ていたのですが結局祖父の部屋がある1階と玄関に続く階段だけをリフォームすることにしました。

リフォームをして段差がなくなり家の中を自分で車椅子を使い自由に動き回る祖父をみて「リフォームして本当によかった」と感じましたし、祖父自身も事故にあってから常に誰かに助けてもらわなければいけなくなり、プライバシーのない生活をしていたので1人でスムーズに不自由なく家の中を移動できるようになったのは本当に嬉しかったようで、事故依頼暗い表情のことが多かった祖父ですがリフォームしてからは笑顔になることが増えたように感じます。