【リフォームの声】転倒した母親が入院中に理学療法士さんにアドバイスをもらった

私の実家をバリアフリーにしました。それはなんといっても、母親が転倒して骨折をしてしまったからです。入院をすることになり、その時に実感してなんとかしないといけないと思うようになりました。

母親が躓いてしまったのはお風呂場です。そこは一番危ないところなのです。下がタイルとなっているので、そこで転んだりしたら私でも骨折をしてしまうと思ったことでした。そこで、お風呂場とトイレについてバリアフリーリフォームをすることにしました。

母親が不在の時にリフォームを行うのはちょっとと思うこともありましたが、早急に行うことが大切と感じたので実施することにしました。入院をしていたので一番いいと思ったのです。

とてもいいと思ったのは、入院中にアドバイスを受けることができたことです。理学療法士さんに、どんなところをどんな風にしたら安心できる家になるのかアドバイスを受けることができました。その時、手すりをどんなところに設置するといいのかなどを教えてもらうことができたのです。転びやすいところについて、手すりがあると安心ですね。

専門家にある程度、アドバイスを受けると後から困ることが少なくなります。転倒しやすい場所などを教えてもらえてよかったです。