【リフォームの声】車椅子生活の親を意識したリフォーム

私の親は、車椅子での生活をしなければならないような状況になってしまいました。その時に分譲マンションに入居していたのですが、せめてトイレだけでも、簡単に立ち座りができるように工夫したいと思い、リフォームに踏み切ることにしました。(トイレの使用頻度については、高齢者であれば、頻繁に使用するような形になりますので改良することにしました。)

必要最小限のみのリフォームにしようと言うことで、まずトイレ付近から手すりを付けるようにしました。いざ車椅子から立ち上がった際には掴まる物が必要になります。そこでトイレのある廊下に手すりを付けるようにしました。そして、更にトイレの中には丁度親がすぐに手を当てれる場所に手すりを付けるような形にして、立ち上がりや、座ることが楽にできるように手触りの良い木を選定してそれを依頼するような形で設置して頂くことにしました。

手すりを設置した結果、親にも感謝され、親自身も非常に、立ち座りが楽になったと申し添えてくれました。簡単な手すりを付けるだけのリフォームに終わりましたが、先を見据えての第一段階と言う形で、次回に資金が溜まった際のリフォームの参考例になったと考えております。