【リフォームの声】車椅子の母親が安心できる

私がマンションでのリフォームを実施するにあたりまして、懸念していた内容としますのが、高齢者で車椅子生活の母親が安心して住めて居住することができる移動空間でありました。

車椅子でも生活しやすい生活空間としまして、私が意識した内容としましては、母親が車椅子で移動する場所にすべて、手すりを付けると言う内容でありました。手すりをつけることによりまして、非常に動きがスムーズになりまして、また、家族との新たな会話も発生する新しい家に生まれ変われるのではないかと言う点でありました。

実際に母親が移動する導線に全て手すりをつけて頂く形で、トイレにも、手すりをつけて、動線を確保することができましたので、非常に良かったです。特にリフォームで、母親が、立ち上がる際に、助かったと言ってくれたことが良かったです。

やはり、配慮することがリフォームでの最大の功績であると思いました。特にこれから、高齢者となっていく者が多い中で、リフォームをするべき点について、惜しまずリフォームする姿勢が大事であると思いました。また、今後は、バリアフリーも検討していかなくてはならないと思いました。一つのリフォームが成功することで、更にリフォームが成功する自信が芽生えました。