【リフォームの声】身体が不自由な父の為にトイレをバリアフリー化

介護が必要になった父と同居をすることになったので、それがきっかけで自宅をバリアフリー化をすることにしました。まずは毎日数回使用するトイレをリフォームすることにしたんですよね。

父は足が悪くて車椅子を使うこともあるので、まずは出入り口をバリアフリー化しました。また、ドアを横にスライドする引き戸にリフォームしたんですよね。父でも問題なくドアの開け閉めができて安心できました。

便器の横にはL字型の手すりを設置しました。この手すりはとても便利で、立ち上がる時や出入口まで歩くのにすごく良いです。トイレの床ですが、滑りにくく汚れにくい材質に変えました。身体が不自由な母にとって滑りやすい床はとても危険なので、リフォームして良かったと思っています。

これは私は思いつかなかったのですが、外から鍵が開けられるようにすることを提案されました。もし高齢の父が間違ってトイレに閉じ込められてしまった時に、家族がすぐに助けることができると言われたので納得しました。

トイレをリフォームする前は本当に父にとって意味がある事なのかと疑問でしたが、施工中はこれは父の為になるかもしれないと期待するようになりました。リフォームが終わって、快適にトイレを利用している父を見てリフォームして本当に良かったと思います。

リフォームはいきなり全ての部分をすることは難しいので、使用頻度の高い場所からすると良いと思います。