【リフォームの声】誰の為に何をリフォームするか

同居の母の足が不自由になり、段差だらけの家をリフォームすることになりました。我が家は築40年の日本家屋。当時はそれが一般的だったのかもしれませんが、部屋と廊下、ふろ場、トイレ、玄関など全て段差があります。

足が不自由な母は、この段差につまずいたり、上り下りに苦労したりと、不自由な生活を送っていました。そこで、特に段差が大きかった、玄関の上り口、ふろ場と脱衣所、加えて、生活同線である、母の部屋と居間とトイレと、それらを結ぶ廊下との段差をリフォームしました。

このリフォームにより、玄関は手すりとスロープで緩やかな傾斜を作る形にしましたが、その他の分はすべてフラットで段差をなくしました。これにより、同居している家族も、つまずき解消につながり、良い結果となりました。

これからリフォームされる方で次の点は気を付けられたらよろしいかと思います。

それは、誰の何の課題を解決(解消)したくてリフォームするかということを明確にすることです。基本、古い家なので、提案は全て魅力的に感じますが、取捨選択しないと予算はあっという間にオーバーします。併せて、本当に解決したい点を置き去りに、違うことに貴重な予算を使ってしまう結果にもなりかねません。ぜひ、当事者も含めて家族でしっかりと話し合って、真の目的を達成するリフォームを目指してください。