【リフォームの声】見えない屋根や外壁、30年経って塗り替え

私が家をリフォームしようと思ったのは、外壁と屋根が30年経っていたからです。

内装については、いつでもできるしそのまま放置していてもそんなに問題にはならないのです。ところが外のことに関しては、やっぱり崩れてしまったり雨漏りがするなどなってしまうとかなり後悔をすることになると思って、外のことについてリフォームをすることにしました。

外壁と屋根は、もう30年たっていました。そのままだと、とんでもないことになってしまいますね。しかしそのことについて、今ひとつピンと来ていないところがありました。それは部屋の中のことに関しては、毎日見ているので老朽化していることが分かるのです。ところが外のことについては、毎日見ていないのでわかりにくいですね。

特に屋根などは、全く見えないのでその状態について全く知りませんでした。

屋根と外壁に関しては、塗替えをしてもらうことにしました。そんなに日数もかからないし、家の中のことではないので、生活で困ることがないのです。そのことからも、安心できる家になりほっとしています。