【リフォームの声】裏庭の塀を増設

今年の春に裏庭の隣家との境界に塀を作りました。裏の家との境界にはやや高めの塀があり、これは元々裏の家が設置されたものです。 数年前に東側の家が壊されて駐車場ができたときに駐車場との境に低めの塀を家で設置してありました。

今年の春に西側の家が建て直されることになり、以前は建物だった場所に裏庭を作られたのでうちの庭と隣家の庭が繋がってしまいました。 こちらとしては隣家との間にコンクリートの三和土もあるので気にしていなかったのですが、隣家から

「孫がそちらの庭に入って申し訳ないので塀を作らせてほしい」と言われました。

たまにしかお孫さんが来られないので庭にお子さんが入って来ても気にしていなかったのですが、当人が気にされているならと思いこちらで塀を作ることにしました。 こちらの庭の方が広かったのがお引き受けした理由です。 あまり圧迫感のあるのも感じが悪いし見た目も悪いのでブロックの上に柵を作ることにしました。

出来上がってみると上を柵にしてよかったです。心配していた圧迫感もないです。 うちは植物が多いのですが、伸びてしまっても隣にはみ出す心配がなくなりました。 ただ裏と東、西で塀の色と高さが違うのでバラバラな印象があるのが少し残念です。一度に見渡せるわけではないので気にしなければいいのですが。

もう一つ、ついでにお風呂場の窓に格子をつけてもらいました。 空気を入れ替えるときに開け放すのですが、閉め忘れることも多く夜遅くに風呂に入ったときは開けたままのこともあったのでこれで安心です。もっと早くつければよかったと思いました。