【リフォームの声】自分にとって安全な家は祖母にとっても安心

自分の家は築40年くらい経つ古い日本家屋です。

足が不自由な祖母が住んでいることでより如実に実感できるようになったのですが、家のあちこちに段差があることが目立ちます。昨今では自分も歩いていて危ないと思えるようになりました。

まずは祖母のため、後には自分だって転倒すること防ぐため、危険回避を可能とするバリアフリーリフォームをおこなうことにしました。段差があるのを埋めてしまうことは不可能なので、足が躓く可能性が大きい箇所に手すりをつけることにしました。

特に玄関、トイレの入り口、階段がそれにあてはまるので、このか箇所に手すりを付けました。玄関は横幅が広いので、かなり長い手すりをつけています。リフォームしてから生活での移動が安心なものになりました。

はっきり言って思い付きで行うにしては期間、費用もかかる事でしたが、長年連れ添う家なので、そこに投資することに損なことはないと今では思えるようになりました。自分が若いからといっても、運動能力の衰えで少しの段差でも転ぶようになるものです。

早いうちから、もしも体勢を崩してもつかまっていられる手すりの用意があれば大事にならずにすむよう安全策を打ててよかったです。手すりをつけるといってもデザイン、色が様々ありました。資料を見ることが出来ますが、自分の家にあうものを選ぶよう心掛けた方が良いです。