【リフォームの声】脱衣所と浴室をリフォームする際に気を付けること

老朽化している家の脱衣所と風呂場をリフォームしました。 家は築40年以上たっているため、 脱衣所の床がきしんだり浴室も保温機能のない浴槽だったのでリフォームを決意しました。脱衣所と浴室はリフォームで見た目もきれいになり、 冬場は寒くてお風呂に入るのが憂鬱でしたが温かい場所になり、 リフォームをして本当に良かったと感じました。

完成自体は満足のいくものでしたが、リフォームは想像以上に大変だと実感しました。 脱衣所と浴室だけだと思っていたので、リフォームをする場所だけ片付けていたのです。 しかし浴室を解体する際に埃が舞って家中が埃だらけになってしまいました。 特に玄関は悲惨なもので棚は真っ白…もっと片付けておくべきだったと痛感しました。

他にも古い家なので解体してみないと何があるかわからないと思った出来事です。 私は予算があまりなかったため、提示した予算を絶対超えないようにお願いしていました。 ところが浴室を解体してみると、イレギュラーなことがたくさん発生します。 浴室の柱がシロアリにやられていたり、断熱材としてアスベストが入っていたり… 発注前に予算の事を明確にしていたおかげで、なんとか予算内ですべて対処していただけました。

これから浴室などのリフォームをされる方には、 リフォームに関係のない部屋もある程度片付けておくことをおすすめします。