【リフォームの声】築50年の家をバリアフリーでリフォーム

家族が高齢化したため、バリアフリー化をしなければいけないと思いリフォームをしました。

リフォームは階段に手すりをつけたり段差をなくして安心して歩きやすくなるようにするように決め、将来のことを考えてすることにしました。家は建設されて50年近くにもなり耐震性も弱くそのまま放置すると危険なため、家族で話し合って安心して依頼できる業者で要望を伝えやすくて良かったです。

階段は歳を取ると段差が分かりにくくなり、手すりをつけないと自力で上に登りにくくなってきます。また、部屋と廊下に段差があればつまずきやすくなり足を踏み外すと危険なため、その部分を解消し車椅子でも通りやすくしてもらいました。

そのままの状態だと安心して暮らせるか不安になりましたが、施工後は心配をせずに済むようになりました。また、玄関の部分も段差があれば危険なため、足を踏み外さないようにすることが大事です。廊下は扉との段差があれば目が悪くなると気が付きにくく、解消するようにしないと転倒しやすくなりリフォームをして助かりました。