【リフォームの声】築40年のマンションをリフォームして大満足

安い販売価格が魅力で購入したマンション。築40年ということで少し古いなと思いつつ、立地の良さで購入を決意しました。しかし実際に住み始めてみると、いろいろな問題があると感じ始めました。

まず、基本的に和室で構成されているのです。現代の暮らしにはちょっと合わないと思います。さらに、トイレやお風呂は昭和時代そのままという感じで、快適さに欠けるものでした。そこで大規模なリフォームを依頼することになりました。

リフォーム場所は各個室とお風呂、トイレです。見積りを何度か出しなおしてもらい、納得する施工内容と金額になるまで交渉を続けました。近所の人への挨拶も忘れないように行いました。

工事期間中はどうしても騒音が響きます。挨拶なしに始めてしまうと、問題でしょう。菓子折りを渡して、しばらくご迷惑をかける旨お伝えしました。両隣の部屋と、上下の部屋です。

リフォーム中は実家に帰省していました。仕上がりには満足で、一気に現代の部屋にやって来たような感覚です。これからリフォームをしようと考えている人には、譲れないポイント(例えばフローリングや温水便座など)を明確にしておくことをお勧めします。