【リフォームの声】築40年のマンションの壁床など一通り

現在築40年のマンションに住んでいます。購入したのは30年前です。壁や床、押入れなどがだいぶ古くなり、カビの発生も確認したので今後歳を重ねることを考慮し、リフォームをしました。

リフォームしたのは壁(各部屋と廊下)・床(家全体)・玄関タイル・トイレ(壁と便器と床)・お風呂(壁とバスタブと床と持ち手と鏡とシャンプーラック)・押入れです。

リフォーム前は床が畳と部屋と絨毯の部屋とキッチンはゴム材の床で統一感が無かったのですべてフローリングにしました。キッチンのフローリング板だけ滑りにくく硬い材質の木材に変更しました。

3ヶ月程度ですべてのリフォームは終了しました。リフォーム後は気持ちよく生活できおり嬉しいです。家は必ず劣化するものなのでリフォームは計画が大切です。自分にとって過ごしやすく安らげる家にするにはどうしたらよいか、日常的に考えを出しておきまとめておくことが成功のポイントです。