【リフォームの声】築30年の3LDK中古のマンションを購入して全室リフォーム

ずっと月10万円以上の賃貸マンションに住んでいました。住んでいた地域が生活や仕事に便利だったので気に入っていました。 ですがずっとこのまま賃貸マンションに住み続けるよりも、マンションを購入して住み替えた方が良いなという考え、妻と相談して近くの中古のマンションを購入しました。 新築は4000万円以上しますので手が出ません。何十年のローンを組む気になりませんでした。

中古マンションの立地は申し分ないのですが、なにせ築30年以上の物件なのでレトロ感満載です。 天井も低いしお風呂も小さめで、壁紙もすべての部屋の壁紙も趣味にあいません。 そこで3LDK全室をリフォームすることにしました。

天井を1ランク高くして、部屋を仕切るスライドドアのサイズを大きくしました。 またユニットバスは可能な限り大きめなサイズのものにしてもらいました。 フローリングも素材をやや高価なものにして踏んだ時のペコペコ感を感じさせない様に気を配りました。 トイレは明るい淡いピンク系の壁紙を選んだり、リビングの白い壁紙も平坦ではない、質感を感じさせるものを選びました。ショールームに何度も足を運んでこだわりました。

施工が始まってからも頻繁に工事現場に見に行って業者の人に差し入れしたり、作業風景を眺めてるいることも多かったです。かなり工事中は大きな音や振動音が出ましたので、これから住む上で隣や階下、上の階の住人に騒音を出す事へのお詫びにお菓子を持っていきました。

業者さんから既に、近隣の住人には連絡しているのですが、挨拶も兼ねてということです。リフォームは新築と同様に、提案されたまま業者任せにしてると絶対、不満が出てくると知人から聞いていましたので注意しました。

努力の甲斐あってできた部屋は新築マンションに遜色の無い、それ以上の部屋に生まれ変わりました。 絶対リフォームして正解だったなと思います。 とにかく、こだわることが大切だと思います。これから何十年もすむのですから。