【リフォームの声】築30年のお風呂がきれいに

家のお風呂をリフォームいたしました。結婚することになり住居先を探したところ、昔おじいちゃんとおばあちゃんが住んでいた空き家を使って良い事になりました。

壁紙や床材の痛んでいるところをきれいにリフォームをしようと思いました。 築30年の家でお風呂も当時のものだったためだったため、使い勝手が悪かったため、この際リフォームをしようと思いました。

お風呂は段差もあり、使い勝手も悪く、特に冬場は寒かったです。また、壁のタイル目地の掃除がとても大変だったため、掃除がしやすいような最近のユニットバスにリフォームをしようと思いました。

隣の洗面室とのつながりもあり、洗面台も入れ替えることにしました。家の造りは鉄骨の造りで、骨組み自体はまだまだこれからも使えると言うこともあり、いずれ自分たちがこの家を出たとしても、賃貸などで貸して家賃収入を得ると言う方法もあるなと考えました。

とても快適です。