【リフォームの声】築20年で外壁の塗り替えを

建売住宅を購入してから、気づくと20年経過していました。私の家の並びは全て建売だったため、同じようなつくりの家が並んでいます。しかし、その並びのほとんどの家がすでに外壁リフォームを終わらせていて、新築同様な美しさになっていたんです。

最初は値段も高いから、となるべく気にしないようにはしていたんですけど、両隣がリフォームを終らせたのをきっかけにすごく気になるようになりました。

よく見れば、窓枠の下から黒っぽい汚れが垂れ落ちているし、外壁シーリングの部分を見ると亀裂が入っています。お隣さんに聞いたのですが、外壁シーリングに亀裂が入ると、雨水などが浸透して家がダメになってしまうそうです。それで、お隣さんも防水の為シーリング工事もしてもらったと言っていました。

一番悩んだのは色選びです。壁は面積が広いので、色が変わるとすごく印象が変わります。今までと同じ色にしようかと思ったのですが、せっかくリフォームするのに色が変わらないのはつまらないと思い、車であちこちの家の壁を見て回って、こんな色だとこんな雰囲気になるのか、と考えていました。

結局、元々の色より少し暗めのカラーで、両隣とも相性のいいブルーを選びました。

工事中は、足場が組まれ、家の中が暗くなるし、常に誰かが窓の外にいるので落ち着かなくて嫌でした。早く終わればいいとずっと思っていました。さらに夏に行ったので、空気の通りが悪く暑苦しかったです。仕上がりは大満足だったのですが、もっと涼しくなってから工事を依頼したほうが良かったかもと思いました。