【リフォームの声】築30年の戸建て木造住宅での風呂とキッチンのリフォームでリフレッシュ

築30年の戸建て木造住宅に住んでいます。子供も独立し、夫婦二人になったので、マンションに移り住もうかと計画をしていました。ただ、マンションに居を構えると隣人、近所との新しい隣人関係を構築することが必要になり、ややおっくうかなあと考えておりました。

そのタイミングで、思い切って、今の家にリフォ-ムをかけてみることにしたのでした。こういう場合、家族のリクエストをすべて聞いて、それぞれが満足するようにするのが、一つの形でしたが、私のところは夫婦二人でしたので、妻の要望だけを取り上げればよいということになりました。私は車を買い替えることで、気持ち的には満足してしまうので、リフォ-ムに関しては何もリクエストがありませんでした。

で、妻のリフォ-ムのリクエストは、風呂とキッチンに集中していました。風呂は、かなり古い様式の物だったので、釜を入れ替えるというだけでは妻の及第点には達しませんでした。結局、ジェットバスに近い、スパ方式の物に落ち着き、軽自動車ならば買えるというようなことになりました。

キッチンの方も、同様で、ビルトインコンロに総入れ替えになり、まるでショ-ル-ムのようになってしまいました。確かに、気分は一新されましたし、妻の機嫌が大変良くなったので、高い費用を出したのが、勿体ないという感は全くしませんでした。