【リフォームの声】窓のリフォームは「2重窓」と「2枚ガラス」のどっちがいい?

築30年以上の家に住んでいます。冬の夜は防寒対策として雨戸を閉めていました。しかし最近はサッシを入れ替えることなく2重窓や2枚ガラスにすることができると知りました。そうすれば格安で防寒対策ができ、さらに防犯や防音にも効果があると考えました。

そこで見積もりをして、1階のリビングとダイニングにある窓を全て改装することにしました。窓は全部で4つあるのですが、1つは庭への出入りにも使うので2枚ガラス仕様にしました。そして残りの3枚はサッシを入れられる木枠があったので2重窓にしました。

リフォーム前はどこまで効果があるのかあまり期待せずにいました。しかしリフォームをしてみると外の音はほとんど聞こえなくなり、寒い日も内側の窓が冷たくならなくなりました。暖房費も少し抑えることができたと思います。これならばほかの部屋の窓も2重にしていっても良いのではないかと考えています。

アドバイスとしては先ほども述べたように、2重窓にしてよい窓と2枚ガラスにした方が良い窓があるということです。2重窓の方が性能は高いですが、窓の開け閉めの手間が思いのほか面倒になります。そのため外への出入りに使われる窓の場合は2枚ガラスでリフォームされることをお勧めします。