【リフォームの声】窓のリフォームで防寒対策

寒い時期になると家の中が冷え込んでしまうことにずっと悩んでいました。 窓枠が古いサッシでパッキンも駄目になっていて隙間風が吹き込みます。そのため暖房が切れるとすぐに気温が急降下。冬の朝などは本当につらいものがありました。

プチプチのシートを張ってしのいだりしていましたが、さすがに我慢の限界とリフォームを依頼しました。窓なので壁を壊したり費用がかさむんだろうなあと覚悟を決めての相談でした。 実際に相談してみるとそれは誤解で、予算や状況に合わせていろいろな工法があることが判明しました。

こんなことならもっと早く頼めばよかったと思いました。古い窓とはいえ壁を壊すことは嫌だったので、今回はカバー工法でお願いしました。 カバー工法とは、既存の窓枠を利用して、その上から新しい枠を重ねるというもの。 窓の開口部は少し狭くなってしまいますが、大幅な工事が必要なく性能をアップさせられます。

おかげでかなり費用を抑えることができ、安価に家の冷え込みを大きく改善させられることができました。 また寒さだけではなく、夏の熱気も通しづらくなって暑い時期も涼しく快適になりました。

室内の温度は生活のクオリティに大いに影響します。 DIYな工夫だけでは限界があります。悩み続けるくらいなら専門の業者に相談するべきです。

(写真はイメージです。)