【リフォームの声】祖母のためにバリアフリーの箇所を増やした

祖母が脚を悪くしてしまってバリアフリーにした方が良いと考えました。実際に家のどこをリフォームしたかというと、祖母が家の中を移動する範囲のところをすべてバリアフリーにリフォームしました。

祖母の部屋から廊下やキッチンやトイレやバスルームといった場所をバリアフリーにしました。ですが、最初からそういう考えがあったわけではなかったです。

最初は祖母の部屋だけバリアフリーにする予定でした。リフォームする箇所は十分だと思っていました。

ですが、後からその考えが変わりました。リフォームをやっている最中はここだけリフォームして大丈夫かと思うようになって祖母の部屋以外にも廊下やトイレやバスルームもバリアフリーにしようと思うようになっていました。

そしてリフォーム後にはもっとバリアフリーの箇所を増やすのが良いのではないかと思うようになってました。