【リフォームの声】祖母が要介護の認定を受けてバリアフリーのリフォーム

数年ほど前にその時はまだ生きていた祖母が要介護の認定を受けました。介護認定をしたのは役所の調査員でしたが、認定を受けたのと当時に調査員からバリアフリーのリフォームをするようにアドバイスをされました。

家の中の各所で、祖母が歩きにくそうな場所に手すりをつけました。お風呂場は転倒の危険性が高かったので、丈夫な手すりを多くつけた記憶があります。その他では廊下を中心に手すりをつけました。もし、祖母が車椅子で生活しているようであれば、もっと大掛かりなバリアフリーのリフォームをしていたと思います。

しかし、その時の祖母はまだ歩ける状態でしたので、手すりをつけるリフォームが中心になりました。その時のリフォームを経験してからは、私が子供の頃から高齢化社会と介護の問題は話題になっていましたが、いよいよ自分の家にもその問題がやって来たと感じました。