【リフォームの声】畳の部屋をフローリングにリフォーム

私の家は2階建てで,一階にはフローリングと畳の部屋があり、それぞれで小さな段差があります。昔は気になりませんでしたが、父が膝を悪くしてからはその段差に父親が躓くことが増えていきました。大きくふらついた時には転倒することもありました。このままでは大けがにつながると思い、一階を一面フローリングにリフォームしました。

リフォームする前はこれまで育ってきた環境が変わってしまうことが名残惜しくもありました。しかし年々父の怪我が心配になる気持ちもあり、いち早くリフォームしてほしいという葛藤がありました。

リフォームが進んでいくにつれて家の中の環境は変わっていき、寂しくもなりました。しかしそれを見て「これで安心して過ごせる」と喜ぶ父を見てすぐにその気持ちは払拭されました。リフォームが終わると家の中は全てフラットになり、父が家の中で躓いたり転倒することはなくなりました。それからは家族全員が安心して生活できるようになりました。

またひざを痛めていた父はリフォーム前は痛いながらも畳に座って生活していました。しかしフローリングにしてから椅子中心の生活になり、無理に床に座る必要がなくなったため、膝の負担が減ってきたとも話しています。リフォームする上で環境が変わることは仕方ありません。しかし長い目で見た時・後悔しないように妥協せずにリフォームすることが大切です。私の家のリフォームも安いプランと高いプランがありました。安いプランもフローリングにできますが小さな段差が残っていました。それを選択していたら結局は躓いていたと思います。一生に何度もないリフォームなら値段を惜しまず、ベストな選択をしましょう。