【リフォームの声】畳の部屋をフローリングにした

私の家では、子供が大きくなるにつれてリビングが狭いと思うようになりました。それは当然のことですね。そこで、隣の畳のある部屋をリビングとして使いたいと思うようになったのです。その畳の部屋というのは、お客さん用として作ったものでした。しかしほとんど使うことがないのでそれだったら、普段の生活をもっと充実させたいと思ってリフォームをすることにしました。

リフォームでは、畳の部分をフローリングにすることにしました。壁を取り外すことができない部分もあり、少し広くなったものの全ての空間ををリビングとすることはできませんでした。それは仕方がないと思うものの、新築として作る段階でもっと先のことを考えた上で間取りを決めたらよかったと思うことがあります。

しかしリビングとして、広く使うことが出来るのでとても気持ちがいいです。特にテレビとの間を3mぐらい開けることができたので、そのことは目のためにとてもいいと思っています。

(写真はイメージです。)