【リフォームの声】畳からフリーリングに

最初は「畳は自然を感じられていいな」と思っていたのですが、実際住んでみると和室を使うことはほとんどありませんでした。

私は広々とした家に住みたいという思いがあったことと、飼っている犬がもっとのびのび過ごせるといいなと思っていました。そこで、家族と話し合ってリフォームを決めました。

和室はなくして床をフローリングにし、もともと和室があった部分の一部を収納にしました。収納部分にはペット用品をしまっています。これによって空間が広々しました。 リフォーム中は実家に住まわせてもらっていました。実家は一軒家で私たち家族が住むスペースがあります。マンションから近かったので、荷物の移動は楽だったし、仕事の通勤には影響がでませんでした。

リフォームをするときに気を付けたことは、家族みんなの意見を聞くことです。みんなが快適に過ごせるようにしたかったので、一人一人の意見をしっかり聞いて、できるだけ取り入れられるようにしました。些細なことでも気になることがあったら意見を出し合いました。

これからリフォームをしようと考えている人は、どんな暮らしをしたいのか未来をイメージしてみてください。そのリフォームをすることで、みんなが幸せに暮らしているところをイメージできるような方法を考えてみて欲しいと思います。