【リフォームの声】生まれ変わったリビング

マンションをリフォームした時に、これはやって良かったと思える事について簡単レポしたいと思います。マンションはオーナーさんが投資用に購入した物件を築5年で購入をしました。 一番は眺望を重視して選んだマンションでした。 物件を購入する際にフローリングの色やリビングに隣接している和室が少し好みではありませんでした。

家族で相談した結果、フローリングは下の階に音が響きにくい素材のものを入れてもらい、色を変えました。フローリングは玄関から廊下、リビングと洋室2つ、キッチンまでをリフォームしました。 少し弾力があるような床になり、色合いも以前のものと比べて、断然高級感のある、深い色を選んだので、とても気に入りましたし、家族以外の人からも好評でした。

音に関しては直接下の人間に聞いた訳ではありませんが、足に感じる床の弾力からすると、以前より足音は下に響いていないと感じました。 また和室に関しては、床の間をつけたことと、壁全体の素材を変えてもらったことで、近代的でありながら、和室の個性も残したままにしました。 床と和室のリフォームをした事で、マンション全体がとても高級感になったので、リフォームは成功だと感じました。