【リフォームの声】瓦屋根の葺き替えを行いました

ケーブルテレビのアンテナ工事をしたときに、業者から瓦屋根がひび割れをしているという話を聞きました。築30年近い一軒家だったこともあり、そろそろリフォームをするべきだろうということがわかっていましたが、雨漏りなどの被害はなかったので先延ばしにしていました。

しかし瓦屋根が割れていることで不安になり、確認してもらいました。そうしたらやはり瓦屋根が10枚以上はひび割れてしていて、さらにセメント瓦なのでこれからもっと割れる可能性があると教えてもらいました。撮影した写真を見せてもらいましたが、確かにひび割れをしていて、さらにセメント瓦なので時間がたったことで見た目が良くありません。

そこで思い切って葺き替えリフォームをすることにしましたが、瓦の種類は平板瓦にすることにしました。平板瓦が和風というよりも、洋風と和風の中間という感じがしましたし、見た目は温かみがあって耐久性があることで決めました。ただ葺き替えだけでなく、その下地となる板材の補強もしたことから、費用は結構かかりました。

仕上がりはとても綺麗で、古く見えた住宅が葺き替えをしただけで様変わりして満足度は高いです。