【リフォームの声】玄関先の階段をスロープに

我が家の玄関先は3段と数は少ないのですが、お年寄りが上るには高さがある階段でした。私たち夫婦や子供たちにとっては何ともないのですが、双方の両親、とくに私の母はすっかり足腰が弱くなり、たったの3つでも階段を上るのに苦労していました。孫に会いたいけれど、あの階段は厳しいね、と口にするようになってきました。

ある日、杖をついてのぼっていましたが、2段目で足がよろけてしまい、そばにいた私が抱きかかえて転倒を未然に防いだ出来事が起こりました。このままにしておくと、祖母が大怪我をし最悪寝たきりになるのでは、心配になり、夫に相談。行く行くは私たち夫婦も年齢を重ねていくことだし、と階段を緩やかなスロープにするリフォームを決めました。

無事リフォームが終了し、双方の両親を招いてお披露目会をしました。お年寄りに優しい設計で、4人の祖父母は目を丸くしながら何往復もしていました。私の母も、杖なしで歩ける。転ぶ心配がないで、と涙を浮かべながら歩いていました。その姿をみた私たち夫婦も、やってよかったね、と目と目で合図をしてニッコリ笑顔を見せ合いました。