【リフォームの声】物を置きすぎないという点も大切

実家の母が一人になってしまったために、今後はこちらで共に生活していくために改築しました。

まず行ったことは、単純に部屋を一つ増やしました。一階で過ごしてもらうことがメインになるだろうと考えていた為、庭のスペースが空いていたので、そちらに部屋を一つ増築しました。今あるもの(階段などの斜面等)にも変更できる点とできない点がやはりあるので、それならば生活スペースをある程度考え、危険のないところで生活してもらおうということで増築に至りました。

続いて行ったのは、手すりを増やしたということです。トイレ、洗面所、入浴場等、つけれるスペースがあるところにはつけました。手すり程度なら自分で取り付けることができるので比較的すぐに取り付けることができました。よくバリアフリーというと段差を平らにしたりといったことがよくでてきますが、段差ももちろんそうなのですが、物を置きすぎないという点も大切だと思いました。移動する時に当たり前に通れるだろうと思っている幅でも、実際生活していると、とても不便そうにしていることがおおく見受けられたのです。要らないものはなるべく置かない、というのも大切なのかなと感じました。