【リフォームの声】父母にとって暮らしやすい家に

自宅をリフォームしました。リフォームの内容は、段差を解消したり手すりを設置するなどのバリアフリー化です。これからバリアフリー化をしようと考えている人に向けて、やって良かった点やアドバイスなどを述べようと思います。

今回バリアフリー化をしようと思った理由は、同居する父母が高齢になりつつあり、将来を考えて暮らしやすい家にしたかったからです。もし足腰が弱って杖での歩行になった場合でも、手すりがあると安心だと考えたのです。また、つまづきを防止するために段差も極力解消したいところです。

リフォームを行った場所は廊下と洗面所・浴室・トイレです。廊下には手すりを設置しました。壁の色はベージュで床の色はライトブラウンだったため、手すりの色は床に合わせることにしました。手すりの表面は、少し摩擦のあるタイプにし滑り予防を取ることに。洗面所と浴室の間に40cmほどの段差があったのでこれは危ないと思い、リフォーム。浴室側の床を上げる工事となりましたが意外と手間はかからず、スムーズに移動できるようになって大喜びです。トイレに関しては、手すりの設置と便座の取り換え工事。

バリアフリー化によって、高齢者だけでなくすべての人が暮らしやすくなると思いました。迷っている人はリフォームすることをおススメします。