【リフォームの声】浴槽が窮屈だったことやヒートショックを防ぎたかった

浴槽をリフォームしたきっかけは、足を伸ばしてゆったりと湯船に浸かりたいのと真冬の寒さでも浴室の床がひんやりしないような素材にしたかったので、思い切って浴槽のリフォームをしました。リフォームの段階で浴室に暖房乾燥機の設置もすることにしました。

今まで使っていた浴槽はスペースが狭く足を曲げないと湯船に浸かることができなく窮屈に感じていたので、もう少し浴槽スペースを広げて伸び伸びと湯船に浸かれるようにリフォームをするのと、真冬に起こるヒートショックを防ぐために浴室の床と浴室に暖房乾燥機を設置して寒暖差を無くすようにしました。

リフォームした後は、浴槽スペースが広がって足を伸ばすことができるようになり快適に湯船に浸かることができました。床に関しては熱を通しにくい断熱材仕様にしました。それと浴室内に暖房乾燥機も設置をしたことで、真冬の寒暖差を無くすことができてヒートショックを防ぐことができるようになりました。

浴室をリフォームする際には、何を目的にするかを考えると良いと思います。快適にお風呂に入りたいのか、ヒートショックを防ぎたいのか、それとも両方なのかといった目的に合わせて浴室のリフォームを考えると良いです。