【リフォームの声】浴室を全面的にリフォーム

我が家は30年ほど前に建てられ、風呂場の壁と床はタイルになっていて冬場はとても寒く、浴室はステンレスの狭くて古いものでした。 問題点は狭い浴槽だけでなく風呂場全体にありましたので、全面的にリフォームを行いました。工期はおよそ1週間くらいかかり、その間は家族でちかくの銭湯に通っていました。旅行で温泉に行くことはありますが銭湯に行く機会はあまりなかったので、それも楽しい思い出です。

浴室のカタログやモデルルームなどを色々と見比べて選びました。 浴室は結構な広さがあるため、浴槽の大きさはどのタイプでも問題なかったのですが、フラットなものだとお風呂を使用したときに水道代が随分高くなってしまうのではないかと思い、腰掛け用の段差のついたものにしました。段差のあるものとフラットな物では必要なお湯の量がだいぶ違うので、そこは本当に正解だったと思います。

また、タイルの床の冷たさが本当に苦痛で、お風呂マットを買うのもやめたかったので、床は何もしかなくても柔らかく、水切れも良いものを選びました。おかげで今は冬場でも洗い場で足元が冷えることなくお風呂を快適に使えています。

浴室の全面リフォームはかなり高い買い物でしたが、冬場のお風呂が本当に快適になったのでやってよかったと思います。