【リフォームの声】水回りを同時にリフォームすると

バス・トイレ、キッチンの家の水回りを同時にリフォームしたのですが、これらを同時にリフォームすると工事期間の生活が非常に不便になるため、同時に行うのであればこれらのうち二つ程度に留めたほうが良いかもしれません。

キッチンはシステムキッチン化して湯沸かし器と水道を一本化してキッチン周りが広く使いやすくなりましたが、お湯が沸くのにかなり時間がかかるようになったのが欠点でした。今後リフォームを検討される方はメーカーごとの湯沸かしの性能など可能ならば比較されると良いと思います。

トイレはウォシュレット化を行いました。こちらは特に問題なく使用でき、格段に快適になりました。メーカーによって自動洗浄などの機能が異なるのでこちらを比較検討すると良いでしょう。

お風呂は浴槽のユニットバスへの交換と湯沸かしに関するシステムの変更を行い、風呂を別室からのリモコン操作で自動で沸かせるようになり、お湯を入れすぎるようなこともなく便利になりました。ただし停電時には風呂が沸かせないシステムになったのは致し方ない部分とも言えます。風呂はユニットバス化によって壁面床面、ドアの刷新も行い掃除がしやすくなったことも大きなメリットです。