【リフォームの声】段差のある和式トイレから洋式にすることで70代の両親も使いやすく

両親が70代になり「和式の段差があるトイレはちょっとしんどい」という話になってずっとリフォームの相談をし合っていました。確かに実家の2階にある普段両親が入る頻度が高い和式トイレは、高さが40センチくらいはある段差を上がって用を足さなければならないのです。

私も一人暮らしを始めるまではこの和式トイレに入っていましたが、子供の頃から入っていたのでそれほど不便には感じませんでした。しかし、これは私の年齢がまだ40代で足腰が丈夫だから思えることのようです。

70代になった両親は足腰が弱ってきているため、「高い段差を上がってからしゃがみ込んで用を足し、また立ち上がって段差を下りるという足腰に負担がかかる行為がしんどくなってきてしまった」と言っていました。

私は今はまだこの不便さが分かりませんが、今住んでいるのは高齢の両親だけなので、トイレの段差をなくして洋式にするリフォームには賛成しました。リフォームは無事に終わり、両親とも「とてもトイレが楽になった」と大満足しています。

トイレは必ず毎日使う場所だしできるだけリラックスしたい場所でもあるので、少しでも使いにくさを感じたらリフォームを検討したほうがいいと思います。